トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

4月30日のニュース

pick up 田中秀和リングアナ、自主興行&無我に言及桜庭の高田道場退団情報@angle JAPANさん#113 アンカー@鈴木浩子今までの写真集の中でM字開脚数で最高永源引退パーティーに渡哲也ら800人新日本・坂口征二、藤波辰爾も健介ファミリーも鏡開き直前、小橋建太が屈伸運動@プロレス道場店長さんヒデキに感激@小佐野景浩ECWがWWE第3の独立ブランドで復活


 田中リングアナの記事。噂される自主興行のゆくえは?
##
・ 田中アナは計画中の自主興行について、退団騒動の渦中にある藤波に対して現段階で動くことはないと念を押しつつも「無我という形でやるとすれば出てもらうことをお願いするかも」と、進退にかかわらず出場してほしい気持ちがあると話した。
・ 田中アナは新日離脱組を集結させるプランを明かしているが、この日は所属選手にも「プロレスの原点という目指すものが同じなら声をかける可能性はある。それも面白いと思う」と新日vs離脱組構想をちらり。

##

 中途半端に「無我」という言葉が出ていることに過敏になってしまう。“やるとすれば”なんて軽く言えることではない。周到に水面下で計画を立てて、それでもやるなら覚悟を決める。コンセプトっていうのはそれくらい大切なもの。

 何かリップサービスしなければという意識で出たんでしょうけれど、“できることをやる”程度なのだったら、フリー選手それぞれ別個のままでいいんじゃないかと思うんですよ。どうでしょう・・・。■□

|

2006年4月29日 (土)

4月29日のニュース

pick up バーナード決勝進出(相手は棚橋or永田)、4・28新日本米子結果インディ選手で新日興行、6・21ロックアップ全カード高山善廣争奪戦、今夏復帰めぐりシ烈6・10熊本で小島vs諏訪魔の三冠戦全日本プロレスが本間朋晃の退団を発表鈴木みのる“風になれ”熱唱対世界のキーパーソン 宇野薫のハートに日の丸ありライブドア・ショックで名称変更、新生ドラゴン・ドア旗揚げヒョードルは7月の2ndRoundにも間に合わない?@BurningSpiritさん

けっきょく小島聡の三冠戦の相手は諏訪魔に決定。

面白かったのは、この決定日の朝時点では、諏訪魔は小島に対して「もう飽きた」みたいなことを言ってたんですね。チャンピオンに対してなかなか言えるセリフじゃない。というか、2度勝っているからこそ言える部分もあるが、前代未聞。どこまでが本気なのか、諏訪魔ってちょっと気になる存在なのでした。

ところで、このサイトページは試行中です。ブログを書くためのネタ元リンク集を兼ねたコラムのような何かをやろうと思っています。

(カクトウログ管理人)■□

|

トップページ | 2006年5月 »